動画編集者になるチャンス

副業はなるべく長続きするものが良いです。
儲かる事を意識しすぎると、詐欺まがいの副業に手を出してしまう人々もいますので、注意が必要です。

現在で最も評判が良く稼げる副業の一つで、詐欺まがいのものでないのは、動画の編集です。
動画編集者は増えてきて、今さら遅いのではないかと思われがちですが、動画の需要はますます伸びていますので、まだまだ稼げる副業であります。

誰でも手軽に簡単にアップできる動画ですから、日に日に毎日アップされている動画は増えてきています。
承認要求を満たす為だけの動画や、ただYouTubeにアップ出来ればそれで満足という動画など、再生回数が100回以下の動画を含めると無数の動画がアップされて、そして埋もれていっているのが現状です。
しかし、それらの無数の動画が、クオリティーを上げて再生回数を増やそうとする動きが出てきています。そこで、需要が高まってくるのが動画編集者です。

ディレクターたちは毎日のように、動画編集者がいないか探しています。
動画編集者はいる事はいるのですが、多くの仕事を抱え過ぎていて、これ以上動画編集の仕事を引き受けられない人ばかりです。
または、動画編集者からディレクターに格上げになっていて、動画編集者を探す側になっています。動画編集に必要なツールは、PCと、Adobeです。

たったこれだけのツールがあれば動画編集への仕事をスタート出来るのですが、意外と高いハードルになっていて動画編集者は増えていきません。

初期投資は数ヶ月で回収できます。副業で動画編集者を始めた人々の1ヶ月目の収入は5万円ぐらいが多いです。2ヶ月目が10万円、3ヶ月目が15万円ぐらいです。コツがわかって作業がスムーズになることによる増収とも言えますが、一番の理由は動画編集者として認知されて仕事の依頼がされやすくなった事です。

プログラミングによる副業と較べると仕事依頼の増え方は多いですし、学習期間や費用も少なくて大変お勧めな副業です。しかし、どんどん収入が増えていくわけではなくて、副業では20万円が限度であると言われています。

さらに、増収を目指すのでしたら、ディレクターになる事です。動画編集者とディレクターを兼ねてもいいですし、ディレクターの一つ上のレイヤーのマーケターを目指しても良いと思います。
上のレイヤーになればなるほど、時給は多くなり、時給が1万円を超している人もいます。案件獲得までお約束しているスクールもありますので、利用されると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました