副業で確定申告をする必要性

収入は課税対象所得になる

副業をするときは課税対象所得になることを理解し、年間の報酬の金額が一定以上になれば確定申告をすることが求められます。
申告をする目的は所得税などの税金を正確に計算するためで、毎年2月中旬頃から3月中旬頃にかけて手続きをする流れです。手続きは必要書類を揃えて記入してから提出する流れになり、漏れがないようにしないと今後の生活に影響が出ます。

ただし、経費がかかると課税対象所得から控除され、副業をするために購入したものがあれば申告すると節税が可能です。節税は収入を増やす方法として考えると効果的ですが、扱うものは税務署によって異なり事前に相談して書類を作成する必要があります。

課税対象所得は基本的に収入から経費を差し引いた金額になり、スキルアップをするために有料のセミナーや情報商材を購入すれば申告をすると便利です。

フリーランスの場合は必ず申告しよう

フリーランスは副業のみで生計を立てることができますが、勤務先がなく収入が安定していないと判断されます。このため、勤務先があれば税金に関する手続きをしてもらえますが、フリーランスなら自分自身で行うことが必要です。

また、行わないと報酬を支払う側の企業が税務署に支払調書を提出する義務があり、食い違うと発覚し追徴課税を課されて負担額が増えることになります。

このため、確定申告の手続きはめんどくさいですがする義務があり、会計ソフトで自動的に計算してもらえるようにすると数字を入力するだけで作れて便利です。申告をするときは定められた期間に行う必要があり、事前に確認してするよう段取りを決める必要があります。

書類の書き方を覚えよう

確定申告をするときは書類の書き方を覚え、きちんと税額を計算しやすくする必要があります。会計ソフトは白色申告と青色申告にも対応でき、収入の状況に合わせて節税できる金額を増やせるようにすると効果的です。

書類の書き方はネットで検索すると分かりますが、税務署でも相談すると教えてもらえます。課税対象所得は収入の総額から経費を差し引いた金額になり、分かりやすくなるように記入し領収書を提出して証明することが必要です。

書類は会計ソフトを使えば数字を入力するだけで自動的に計算してくれるため、多忙で時間に余裕がない場合に役立ちます。書類の書き方はきちんと理解しないと税額を正しく計算できないため、事前に確かめ不備がないようにしないといけません。